新年『チラシの裏』はじめ

あけましておめでとうございます。虹猫です。
本日は完全にチラシの裏です。

引き続きチャージアックスの記事をマジメに書いていたのですが、
「年始から読むもんじゃない」
「こんなの虹猫缶じゃない」
「チラシの裏で無双したい」
と思い、今回の内容に差し変わりました。

「おい!チャージアックスの説明どうなったんだよ!」
という方は明日来てください。
まだ読もうと思ってる暇を持て余した方は
新年早々ではありますが
酒でも浴びながらお付き合いください。

さて、
だいたい新年早々になるとユーキャンが
『新しいことにチャンジしよう!』
と洗脳してくるかのようにCMを連続で流してきますよね。
今年もそんな感じでしょうか

新しいことにチャレンジ・・・

虹猫はDDONから手を引きましたが、
現役のDDONプレイヤーならきっと楽しんで色んなことにチャレンジしていることでしょう

わかりません。

誰かシマウマが息しているか確認してください。
真夏でもお風呂をあっためて、
ヒートショック対策をする繊細なシマウマおじいちゃん(自称17歳)のことが心配です。

もし息をしていない場合は、
1/26になれば息を吹き返すはずなので
火葬せずに放置してください。
もしくは土葬でお願いします。

そうです。
今年はモンハンにチャレンジです。
正月休みに食い込んでくる絶望的なリアル仕事に対応しながら
「1月末こそ俺の正月だ!」
と意気込んでいます。

DDONから手を引く1か月ほど前から虹猫缶を書いていなかったのですが、
DDONがどうのこうのというよりも仕事の忙しさが鰻登りでした。

あれは遡ること数か月前。
取引先の社長から
「飯に行こう」
という連絡を受けました。

社員のみんなと一緒に行くのかなと思っていたのですが
よくよく聞くと二人だけでの会食希望とのことでした。

今まで二人だけなんてことはありませんでした。
なんでしょう。
会社の不祥事でもバレたのでしょうか。
それとも虹猫が何かやらかしたのでしょうか

会食まで日があったので過去の記憶を辿りました。
脳内会議です。
マジメに考えました。
去年とある件でニュースになっていたことの内部事情を書くようなバカッターはしてない。
あの件を書いたら本当に消されるのでDDONのことしかツイートしてない。
大丈夫だ問題ない。

セクハラで社内訓示をくらっていたのもオレじゃない。
そもそも社員じゃない。
大丈夫だ問題ない。

ああ、これは書いてよかったのだろうか。
まぁバレないだろう。

うむ。隙はないハズだ。
ノーガードで大丈夫なハズだ。

いざ会食
見た目はノーガード。心は鉄壁。
どんとこい超常現象です。

何かしら仕事の話かと思って行ってみると
「うちの会社に来ないか?」
というお話でした。

なんということでしょぉ~
社長面接です。

これまで虹猫はメタルギアーソリッドのスネークのような傭兵状態で
長きにわたり日本に生息してきました。

「ご職業はなんですか?」
と聞かれて
飲み会の席や、めんどくさい時は
「トレジャーハンターです」
と答えていたぐらいです。

どこかに属することで会社の犬、いや
資本主義の豚になることを避けてきました。


野良猫のように生きてきたのに
今さら社員とかめんどくさそうだ。
断ろうか。

そんなことより、
飲酒と焼肉をむさぼりながら、
社長面接を受ける日本人は、
日本中探せど自分しかいないのではないか?

もしいれば素敵なDQN仲間になれそうなので、
ぜひ友達になってください。

乗り気でなかった虹猫ですが、
時間が経つにつれ
沸々とある思いが湧き上がってきました。

「この高そうな焼肉代を払いたくない。
社員になれば、社長がおごってくれるハズだ」

そんなわけで
この度、部隊に所属することになりました。

仕事の内容は部隊の編制・強化と、敵の殲滅です。
いきなりスネークに指示を出す大佐のポジションにブッ込まれました。
資本主義の豚のみんなに分かりやすく説明すると中間管理職です。

武器がなくても現地調達し、
1人で敵を蹴散らすことなどどうということはない
と思って今まで生きてきたのですが、
仲間とのチームプレー、または仲間だけで敵を倒さなければいけない状況で指示を出す
という個人プレーで生きてきた虹猫には
鬱以外のなにものでもない状況に陥っていました。

実際にはスネークの担当をしつつ、
大佐もやるという一人二役だったのが現実です。
声優の山寺宏一でなければ無理ゲーな惨状です。

DDONとかいうメンタルを病むゲームをやっているどころではありません。

この苦境を乗り越える為の心の支えが
ただ一つありました。

『あの焼肉代は払いたくない』

そんなわけで虹猫も資本主義の豚の仲間入りをしました。

それはそうと
中間管理職ってなんなんでしょうか?
社員教育ってどうすればいいんでしょうか?
部下に目標でも与えればいいんでしょうか?

まじめに面接を受けたことがあるのはアルバイトぐらい。
今回は履歴書1枚さえ書くことなく入社。
スーツも冠婚葬祭でしか着ない。
いや、スーツを着たらガラが悪く見られるので着ない方がいいんだった。

こんなDQNに何が教育できるのでしょうか?

そういえば、10代の頃
接客業の仕事をしていた時に
「お客さんから質問されているのですが~」
と社員の人にヘルプを求めたところ

「『お客さん』じゃなくて、『お客様』でしょ」
と注意されたことがあります。

そうか、ああいうのも教育の一環だったんだな
と今になれば思わされます。

ただその後、
アルバイト歴10年以上の大ベテランの先輩が
「お客さんから聞かれてるんすけど~」
と同じ社員さんに言い放った時に、
特に注意されずにスルーされている光景を目のあたりにし、

「大人になると自分に都合が悪いことは、時に聞き流さなければいけないんだな」

と若き日の虹猫は学びました。

言葉遣いは非常に難しいですね
虹猫は結構年が離れてる年下の女性の方に会社でタメ口を使われています。
何の威厳も感じさせない自分がいけないのかもしれません。

そう言えばDDONをやっていた時も、
年下であればあるほどタメ口を使われていました。

虹猫より年齢が1個上のラリアット氏には敬語、虹猫にはタメ口。
何が違うのでしょうか。

『威厳』ではなく、
隠し通せない『痛さ』が要因でしょうか

身内からはいつもこんな扱いですが
会社での虹猫はちゃんとしてます。

周りが扱いづらくて避けるDQNで調子こいていたお客様であっても
何度も誠実に対応することを心がけています。

今となっては虹猫に接する時、限定ではありますが
その方からは非常に丁重に対応していただけています。

例え扱いづらいお客様であっても
こちらが『全力でぶつかっていく』ことで
互いを尊重、理解しあい
DQNな対応をしてくることなんて無くなるのだ
ということを、部下のみんなに伝えていこうと思います。

目には目を。
歯には歯を。
DQNにはDQNを。

社員じゃなくて客を調教教育しても意味がありません。
こちらも今年のチャレンジ目標です。

あれ、なに書いてたんだっけ
まぁいいか

DDONブログ
とか
MHWブログ
とか言った名目ではなく
チラシの裏で虹猫缶を始めたので書きたい放題です。

明日からはまたチャージアックスの記事になります
年始早々最後までお付き合いいただきありがとうございました資本主義の豚ども

クリックするとランクが上がるみたいです。
他のモンスターハンターのブログもチェックできます。
よかったらポチっとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事の著者

虹猫@RainbowCat

クラン関係なくVCで遊ぶメンバー歓迎しますよ~

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る